日本を支える素晴らしい職人に関して

日本の景気は順調に回復していると言われていますが、その目安となるのが有効求人倍率だと言われています。リーマンショック以降は落ち込んだままでしたが、現在は好調に推移を続けています。中でも求人が増えているのが、建設業ではないでしょうか。公共工事の件数が増えていますし、建設業には大きなチャンスが広がっていると言えます。ハローワークにはたくさんの求人が出ていますし、かつてに比べると労働環境も格段に良くなっています。重機を動かすことが出来ると、ますますチャンスが広がるのではないでしょうか。ブルドーザーやユンボを動かすことが出来ると、採用される確率もグンと上がるはずです。また、職務手当てが付くのも魅力ではないでしょうか。

必要な工事を適切に行う意味に関して

私たちの住んでいる日本は、地震大国であることが知られています。阪神淡路大震災や東日本大震災を経験していますし、備えをしておくことが大切ではないでしょうか。建設業の役割としては、建物の耐震化が一番に浮かぶのではないでしょうか。地震や災害に強い家作りを目指すことで、地域の絆も深めることが出来るのではないでしょうか。東日本大震災を経験した東北においては、道路やインフラ整備が今も続けられています。これらを更に加速させるには、まだまだ人手が足りていないと言われています。全国各地から応援に駆け付けていますが、それでも足りていないのが実状です。

建設業の将来は明るいですが、懸念されているのが後継者不足ではないでしょうか。とりわけ深刻なのが、地方における担い手の不足だと言われています。技術者が高齢化してしまい、次の世代に技術を伝えられる機会が少なくなっています。40歳前後の若い技術者を早期に育成することが、建設業の将来を更に明るくするのではないでしょうか。60代のベテランの知識と経験を、なるべく早いうちに中堅や若手に伝えることが重要ではないでしょうか。世代間の風通しが良くなることで、建設業の機運はますます高まるはずです。

現場の新しい取り組みと将来に関して

若者に建設業の魅力を知ってもらうために、様々な試みが打ち出されています。その代表と言えるのが、中学校や高校への出前授業ではないでしょうか。モノ作りの大切さを若者にレクチャーすることで、建設業に必要な求人数を確保する狙いがあります。橋やビルを建設するのは夢がありますし、チャレンジする価値のある仕事ではないでしょうか。建設業は一生続けることの出来る仕事ですし、社会に貢献出来るやりがいの多い分野と言えます。